レーザー脱毛の注意点

メリットが多いレーザー脱毛ですが、問題点もいくつかあります。

まず、レーザー脱毛の、根本的な問題は、人によって施術を受けることが出来ない場合があるという点です。
レーザーによる施術は、レーザーをメラニン色素に反応させることで行います。
よって、色黒な人など元から皮膚に多くのメラニン色素を含んでいる人には危険な方法となってしまうのです。
もちろん日焼けしている人でもそうです。
レーザーが関係ない皮膚にも反応して焼けてしまい、ヤケドをしてしまったり、色抜けしたりする場合があるのです。
また同様にホクロやアザに対しても反応してしまうため、そのような場所も焼き取ることになり、これもヤケドの原因になります。
そのため、患部にホクロ等がある場合、最初にホクロ等を除去する施術を行う場合も少なくありません。

また、レーザー脱毛はメラニン色素を多く含んでいる部分に行うのは困難です。
例えば、乳輪、陰部、肛門といったデリケートな場所に、レーザー脱毛は難しいと言われています。

そして、レーザーによる永久脱毛には、休止期の体毛に対しては効果を発揮することができないという注意点もあります。
成長期には効果はありますが、休止期はいくら照射しても効果がないので、毛周期が一巡するのを待つことになります。
よって、一度の施術は短時間で終わりますが、完全に終了するまではやや時間がかかる場合は少なくありません。

加えて、薄い毛や、産毛、白髪等には効果を得られない場合もあります。
しかし、レーザーの改良で、そういった体毛でも永久脱毛できるようになりつつあるようです。

こちらもチェック!

レーザー脱毛の注意点に関連したコンテンツ

このページの先頭へ