脱毛症と多毛症

外見をよくするために脱毛をする、という人はかなり多いと思います。
大体の人はその理由だと思います。
ただ、その理由以外にも永久脱毛をする理由はあります。
それは何かと言いますと、疾患なのです。

人間のたくさんある疾患の中には、体毛に関するものがいくつかあります。
最も知られているのは、脱毛症です。

脱毛症とは、精神的なストレスなどでホルモンバランスが崩れたり、栄養障害が起こったり、体毛の発育、毛周期が異常を起こし、体毛が痩せたり、抜けたりする病気のことです。
聞いたことがあると思いますが、円形脱毛症というのが特に多いようです。
脱毛症は、主に頭髪に起きます。
ただ、永久脱毛と関わりのある疾患は、この脱毛症ではありません。
その反対ともいえる「多毛症」と呼ばれる疾患なのです。

多毛症とは、その歳の平均的な体毛の量よりもはるかに体毛の量が多い症状です。
部分的なものや、全身的なものがあります。
体毛が多過ぎることが病気だという理解している人は、あまりいないかもしれません。
ですが、多毛症も立派な疾患の一種なのです。

多毛症には、遺伝や、体質なものが起因の「特発性多毛症」と、卵巣の異常が起因し、男性ホルモンが過剰分泌されて起こる「多嚢胞性卵巣症候群」があります。
また、この2つの疾患以外にも、薬の副作用や副腎、下垂体の異常などの、いくつかの理由が考えられる場合があります。
このような疾患の場合、治療としては医療レーザー、あるいは電気絶縁針といった物を使い、永久脱毛をします。
この場合、完全な「治療」となります。
これはとても大事な意味を持ち、保険が適用されるかどうかという問題なってきます。

こちらもチェック!

脱毛症と多毛症に関連したコンテンツ

このページの先頭へ